ビオフェルミン 便秘

ビオフェルミン

昔から便秘にはビオフェルミンといわれるくらい有名な家庭薬です。

 

ビオフェルミンは大正製薬から販売されている乳酸菌製品です。
人の腸と相性が良いようにヒト由来の乳酸菌が使用されているのが特徴です。
胃酸に耐えて腸までしっかりと届き、悪玉菌に作用するので腸全体に効果があるのです。

 

また生後3ヶ月から使用することができるというのも魅力的で、薬でありながらも安全性の高い薬品だといえるのです。

 

しかし、ビオフェルミンはあくまでも乳酸菌としての役割しかありません。
乳酸菌もエサがなければ上手く働くことは出来ないのです。

 

カイテキオリゴなら体に優しい

そこでお薦めのエサとなるのがカイテキオリゴです。

 

オリゴ糖商品として販売されていて、2分に1個は売れているという話題の製品です。

 

カイテキオリゴは胃酸に耐えて腸までしっかりと届く仕組みになっているので、乳酸菌のエサとしてしっかりと働いてくれるのです。
乳酸菌が増えれば腸内環境が正常化されるので便秘が自然に改善されます。

 

この自然に改善されるというのが便秘にとっては非常に重要なことなのです。
確かに下剤等を飲めば便秘自体は解消されますが、痛みを伴ったり下痢便になったり、または習慣化してしまったりと非常にデメリットが多いのです。

 

ビオフェルミンもですが、カイテキオリゴも習慣化することはなく、それぞれ腸の健康を整えていってくれるものなので安心なのです。
安全性が高いから、カイテキオリゴは赤ちゃんの頃から飲んでも安心です。

 

 

>>>オリゴ糖「カイテキオリゴ」の詳細はこちら

 

オリゴ糖 便秘解消